您好,欢迎光临世界标品! 登录 注册(订药物标准品请用邮件联系我们)

中国医药研发对照标品提供商
Non-clinical Research-used
Medicine Sample Provider

当前本网站药物产品种数共 8420 处方药 8047 非处方药 267 保健品/医疗用具 106

世界标品医药目录搜索(中英文):
世界各国官方药品目录搜索(英文):
世界标品医药知识搜索(中英文):

联系方式
国内客服电话:
国际免费电话:


QQ客服1:1793093587
QQ客服2:1586083059
QQ客服3:2786706041
QQ客服6:2992753224
QQ客服7:2394834588

咨询邮箱:
scimed.shanghai@shijiebiaopin.com
info@shijiebiaopin.com
pharmacy.shijiebiaopin1@gmail.com
pharmacy.shijiebiaopin2@gmail.com

  药店国别: 日本药房
产地国家: 日本
所属类别: 心血管系统药物->抗心绞痛药物
处方药:处方药
包装规格: 25毫克 100片/盒
计价单位:
  点击放大  
生产厂家英文名:
Sawai Japan
该药品相关信息网址1:
https://www.drugs.com/international/complavin.html
原产地英文商品名:
ComPlavin (Generic Plavix) 25mg 100tabs/box
原产地英文药品名:
Clopidogrel Sulfate, Aspirin
中文参考商品译名:
ComPlavin(Plavix仿制药)25毫克 100片/盒
中文参考药品译名:
氯吡格雷硫酸盐,阿司匹林
原产地国家批准上市年份:
0000/00/00
英文适应病症1:
Ischemic heart disease below that percutaneous coronary angioplasty (PCI) is applied
英文适应病症2:
Acute coronary syndrome (unstable angina, non-ST elevation myocardial infarction, ST elevation myocardial infarction)
英文适应病症3:
Stable angina
英文适应病症4:
old myocardial infarction
临床试验期:
完成
中文适应病症参考翻译1:
应用低于经皮冠状动脉成形术(PCI)的缺血性心脏病
中文适应病症参考翻译2:
急性冠状动脉综合征
中文适应病症参考翻译3:
稳定型心绞痛
中文适应病症参考翻译4:
陈旧性心肌梗死
药品信息:

---------------------------------------------------------------
详细处方信息以本药内容附件PDF文件(201952022385116.pdf)的“原文Priscribing Information”为准
---------------------------------------------------------------
部分中文ComPlavin处方资料(仅供参考)

【英文名称】ComPlavin

【适用证】

应用低于经皮冠状动脉成形术(PCI)的缺血性心脏病

急性冠状动脉综合征(不稳定型心绞痛,非ST段抬高型心肌梗死,ST段抬高型心肌梗死)

稳定型心绞痛,陈旧性心肌梗死

与疗效相关的注意事项

如果判断氯吡格雷75 mg(维持剂量)和阿司匹林100 mg联合治疗是合适的,可以使用该药。 此外,在充分考虑患者的病情后,仔细考虑该药物的给药是否合适。

可以给予要应用PCI的缺血性心脏病患者。 通过冠状动脉血管造影选择保守治疗或冠状动脉旁路移植术,如果不应用PCI,则不要随后给药。

【用法用量】

通常,对于成人,每天一次口服给予1片(氯吡格雷75mg,阿司匹林100mg)。

与剂量使用有关的注意事项

不要将此药用于氯吡格雷的给药剂量给药(给药当天给药300 mg),但仅使用硫酸氯吡格雷(75 mg氯吡格雷)。 如果在PCI前4天或更长时间给予氯吡格雷,则负荷剂量给药不是必需的。

在向置入支架的患者给药时,请务必参考相关医疗器械的包装说明书。 原则上,在给予该药物后,改用单一药剂抗血小板剂。

应避免禁食。

【禁忌】

不要给下一位病人

出血的患者(血友病,颅内出血,消化道出血,尿路出血,静脉切开术,玻璃体出血等)[可能会促进出血。 ]

有出血倾向的患者[可能会出现血小板功能障碍,这可能会导致出血倾向。 ]

对该药物组分或基于水杨酸的制剂具有超敏反应史的患者

消化性溃疡患者[前列腺素生物合成抑制可能会减少胃血流量并可能加重消化性溃疡。 (但请参阅“1.谨慎管理”一节)]

阿司匹林哮喘(非甾体类抗炎镇痛药诱发哮喘发作等)或有相同病史的患者[可能诱发严重的阿司匹林哮喘发作。 ]

预产期12周内的孕妇[见“6.对孕妇,孕妇,哺乳期妇女等的管理”]

接受头孢吡嗪的患者[见“3.互动”]

【使用注意】

小心剂量:

有消化性溃疡病史的患者[消化性溃疡可能复发。 ]

血液异常或有病史的患者[存在血液异常恶化或再发生的风险。 ]

易患出血倾向的患者[出血可能会增强。 ]

患有肝脏疾病或其病史的患者[存在肝脏疾病恶化或复发的风险。不要将这种药物用于严重肝损伤的患者。 ]

患有肾脏疾病或有病史的患者[存在肾脏疾病恶化或复发的风险。严重肾功能不全患者不要服用此药。 ]

支气管哮喘患者[一些哮喘哮喘患者包括阿司匹林哮喘患者,可能引起严重的哮喘发作。 ]

经常服用酒精的患者[如果服用酒精,可能会诱发或增强胃肠道出血。 (参见“3.互动”)一节]

患有高血压的患者[出血风险可能会增加。 ]

老年人[出血的风险可能会增加。 ]

体重不足的患者[出血风险可能会增加。 ]

因长期服用非甾体类抗炎镇痛药而患有消化性溃疡的患者,长期服用该药物是必要的,并且使用米索前列醇治疗的患者虽然消炎镇痛药引起的消化性溃疡被认为是一种效果,但也有消化性溃疡对米索前列醇的治疗有抵抗力,所以在继续服用这种药物时,要注意足够的疗程。 ,要谨慎管理。 ]

孕妇(但禁止在预产期12周内怀孕的妇女)或可能怀孕的妇女[见“6.对孕妇,孕妇,哺乳期妇女等的管理”

对其他噻吩吡啶类药物有过敏史的患者(如盐酸噻氯匹定)

【効能効果】

経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患

急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)

安定狭心症、陳旧性心筋梗塞

効能効果に関連する使用上の注意

クロピドグレル75mg(維持量)とアスピリン100mgの併用による治療が適切と判断される場合に、本剤を使用することができる。なお、患者の状態を十分に考慮した上で、本剤の投与が適切であるか慎重に判断すること。

PCIが適用予定の虚血性心疾患患者への投与は可能である。冠動脈造影により保存的治療あるいは冠動脈バイパス術が選択され、PCIを適用しない場合には以降の投与は控えること。

【用法用量】

通常、成人には、1日1回1錠(クロピドグレルとして75mg及びアスピリンとして100mg)を経口投与する。

用法用量に関連する使用上の注意

クロピドグレルのローディングドーズ投与(投与開始日に300mgを投与すること)には本剤を用いず、クロピドグレル硫酸塩(クロピドグレルとして75mg)単剤を用いること。なお、PCI施行の4日以上前からクロピドグレルを投与されている場合、ローディングドーズ投与は必須ではない。

ステント留置患者への本剤投与時には該当医療機器の添付文書を必ず参照すること。なお、原則として本剤の投与終了後は単剤の抗血小板剤に切り替えること。

空腹時の投与は避けることが望ましい。

【使用上の注意】

慎重投与:

消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍を再発させることがある。]

血液の異常又はその既往歴のある患者[血液の異常を悪化又は再発させるおそれがある。]

出血傾向の素因のある患者[出血を増強させるおそれがある。]

肝障害又はその既往歴のある患者[肝障害を悪化又は再発させるおそれがある。重篤な肝障害患者では本剤の投与は控えること。]

腎障害又はその既往歴のある患者[腎障害を悪化又は再発させるおそれがある。重篤な腎障害患者では本剤の投与は控えること。]

気管支喘息のある患者[気管支喘息の患者の中にはアスピリン喘息患者も含まれており、それらの患者では重篤な喘息発作を誘発させることがある。]

アルコールを常飲している患者[アルコールと同時に服用すると、消化管出血を誘発又は増強することがある。(「3.相互作用」の項参照)]

高血圧が持続している患者[出血の危険性が高くなるおそれがある。]

高齢者[出血の危険性が高くなるおそれがある。]

低体重の患者[出血の危険性が高くなるおそれがある。]

非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある患者で、本剤の長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている患者[ミソプロストールは非ステロイド性消炎鎮痛剤により生じた消化性潰瘍を効能・効果としているが、ミソプロストールによる治療に抵抗性を示す消化性潰瘍もあるので、本剤を継続投与する場合には、十分経過を観察し、慎重に投与すること。]

妊婦(ただし、出産予定日12週以内の妊婦は禁忌)又は妊娠している可能性のある婦人[「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]

他のチエノピリジン系薬剤(チクロピジン塩酸塩等)に対し過敏症の既往歴のある患者

【禁忌】

次の患者には投与しないこと

出血している患者(血友病、頭蓋内出血、消化管出血、尿路出血、喀血、硝子体出血等)[出血を助長するおそれがある。]

出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こることがあるため、出血傾向を助長するおそれがある。]

本剤の成分又はサリチル酸系製剤に対し過敏症の既往歴のある患者

消化性潰瘍のある患者[プロスタグランジン生合成抑制作用により、胃の血流量が減少し、消化性潰瘍を悪化させることがある。(ただし、「1.慎重投与」の項参照)]

アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある患者[重篤なアスピリン喘息発作を誘発させることがある。]

出産予定日12週以内の妊婦[「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]

セレキシパグを投与中の患者[「3.相互作用」の項参照]

---------------------------------------------------------------
详细处方信息以本药内容附件PDF文件(201952022385116.pdf)的“原文Priscribing Information”为准
---------------------------------------------------------------

更新日期: 2019-05-13
附件:
201952022385116.pdf    

 
调控比例: 100%
订购表单下载
Copyrights © 2010,2011,2012 www.ShiJieBiaoPin.com, Inc., All rights Reserved www.ShiJieBiaoPin.com, Inc.
客服工作时间:太平洋时间18:00-24:00
国内客服电话:     国际免费电话:
友情提示:以上电话为免费电话,无需您承担任何费用,世界标品提供中文客服,请您放心拨打!
电子邮箱:info.shijiebiaopin.com@gmail.com, info@shijiebiaopin.com