您好,欢迎光临世界标品! 登录 注册(订药物标准品请用邮件联系我们)

中国医药研发对照标品提供商
Non-clinical Research-used
Medicine Sample Provider

当前本网站药物产品种数共 7913 处方药 7544 非处方药 253 保健品/医疗用具 116

世界标品医药目录搜索(中英文):
世界各国官方药品目录搜索(英文):
世界标品医药知识搜索(中英文):

联系方式
国际免费电话:
QQ客服1:1793093587
QQ客服2:1586083059
QQ客服3:2786706041
QQ客服6:2992753224
QQ客服7:2394834588

咨询邮箱:
scimed.shanghai@shijiebiaopin.com
info@shijiebiaopin.com
pharmacy.shijiebiaopin1@gmail.com
pharmacy.shijiebiaopin2@gmail.com

  药店国别: 日本药房
产地国家: 日本
所属类别: 心血管系统药物->抗心绞痛药物
处方药:处方药
包装规格: 20毫克/片 100片/盒
计价单位:
  点击放大  
生产厂家中文参考译名:
バイエル薬品株式会社
生产厂家英文名:
Bayer Japan
该药品相关信息网址1:
http://www.bayer.com/
该药品相关信息网址2:
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2171014G1020_1_17/
原产地英文商品名:
Adalat-L 20mg/tab 100tabs/box (Minimum order: 5)
原产地英文药品名:
NIFEDIPINE
原产地英文化合物名称:
Dimethyl 1,4-dihydro-2,6-dimethyl-4-(2-nitrophenyl)pyridine-3,5-dicarboxylate
中文参考商品译名:
Adalat-L 20毫克/片 100片/盒 (最低订单:5)
中文参考药品译名:
硝苯地平
原产地国家批准上市年份:
0000/00/00
英文适应病症1:
Treatment of hypertension
英文适应病症2:
Antianginal
英文适应病症3:
Coronary vasodilation
临床试验期:
完成
中文适应病症参考翻译1:
治疗高血压
中文适应病症参考翻译2:
抗心绞痛
中文适应病症参考翻译3:
冠脉血管扩张
药品信息:

---------------------------------------------------------------
 详细处方信息以本药内容附件PDF文件(201892718332929.pdf)的“原文Priscribing Information”为准
---------------------------------------------------------------
部分Adalat-L20处方资料(仅供参考)

【中文品名】硝苯地平

【药效类别】抗心绞痛药

【通用药名】NIFEDIPINE

【别  名】Adalat, Adapress, Aldipin, Coracten, Corinfar, Fenaman, Fenigidin, Nifedin, Nificard, Procardia, Slofedipine,硝苯啶、心痛定、尼佛地平、利心平。

【化学名称】Dimethyl 1,4-dihydro-2,6-dimethyl-4-(2-nitrophenyl)pyridine-3,5-dicarboxylate

【CA登记号】[21829-25-4]

【开发单位】拜耳

【首次上市】1975年,阿根廷

【用  途】硝苯地平是一种冠脉血管扩张药,用于治疗高血压。

【药理及应用】本品为钙通道阻滞剂,用于轻、中、重度高血 压与高血 压急症。又可用于心绞痛,对于高血 压并发心绞痛及变异型心绞痛者,疗效较好。

【用法】口服,开始用小剂量,每次5毫克,每日2-3次,以后渐增至每次10-20毫克,每日2-3次。剂量应注意个体化。该药的缓解型制剂,每日仅需用药1-2次,就能对轻、中度高血 压产生良好的降压效果,且副作用较少。采用舌下含服的给药法降压作用较迅速,含服的剂量为每次5-10毫克,每日2-3次。

【注意】该药的不良反应较轻,一般都能耐受。其副作用主要由其扩张血管作用引起,如头晕、头痛、面部潮红、踝部水肿、心悸等。在继续服药后,反应逐渐减少。低血压患者慎用,孕妇禁用。临床长期应用较大剂量时应避免突然停药,宜在需要时逐渐减量后再停用。

商品名:アダラートL錠 

英名:Adalat-L

効能・効果:(腎性高血圧症、本態性高血圧症)、狭心症

禁忌病名:
1. 本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、心原性ショック
2. 僧帽弁狭窄、大動脈弁狭窄、肺高血圧、過度に血圧の低い、血液透析療法中の循環血液量減少を伴う高血圧、重篤な腎機能障害、重篤な肝機能障害、欝血性心不全、高度左室収縮機能障害

副作用等:
1. 紅皮症、剥脱性皮膚炎、無顆粒球症、血小板減少、ショック、血圧低下、意識障害、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、肝機能障害、黄疸
2. AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、BUN上昇、顔面潮紅、熱感、のぼせ、潮紅、動悸、血圧低下、起立性低血圧、浮腫、下肢浮腫、顔面浮腫、頭痛、眩暈、倦怠感、悪心、嘔吐、便秘、過敏症、発疹、そう痒
3. 黄疸、クレアチニン上昇、胸部痛、頻脈、頻尿、発汗、悪寒、眠気、不眠、脱力感、筋痙攣、四肢しびれ感、振戦、上腹部痛、下痢、腹部不快感、口渇、胸やけ、食欲不振、光線過敏症、紫斑、歯肉肥厚、代謝異常、高血糖、血小板減少、貧血、呼吸困難、咳嗽、女性化乳房、視力異常、霧視、筋肉痛、関節痛、勃起不全
4. 急性中毒
5. 症状が悪化、過度の血圧低下、ショック症状、意識障害、脳梗塞、催奇形作用、症状が遷延

相互作用:
1. グループ名: カルバマゼピン。
発現事象:本剤の有効血中濃度が得られず作用が減弱、血圧上昇、狭心症発作の悪化。
理由・原因:リファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピンにより誘導された肝薬物代謝酵素(チトクロームP-450)が本剤の代謝を促進し、クリアランスを上昇
2. グループ名: 降圧剤 
発現事象:相互に血圧低下作用を増強、過度の血圧低下
理由・原因:薬理学的な相加・相乗作用
3. グループ名: シクロスポリン
発現事象:本剤の血中濃度が上昇し作用が増強、頻脈、過度の血圧低下
理由・原因:シメチジンが肝血流量を低下させ、本剤の肝ミクロソームでの酵素代謝を抑制、胃酸を低下させ、本剤の吸収を増加
4. グループ名: シメチジン
発現事象:本剤の血中濃度が上昇し作用が増強、頻脈、過度の血圧低下
理由・原因:シメチジンが肝血流量を低下させ、本剤の肝ミクロソームでの酵素代謝を抑制、胃酸を低下させ、本剤の吸収を増加
5. グループ名: ジゴキシン
発現事象:血中濃度が上昇、中毒症状<悪心・嘔吐・頭痛・視覚異常・不整脈等>
理由・原因:ジゴキシンの腎及び腎外クリアランスが減少
6. グループ名: ジルチアゼム
発現事象:本剤の血中濃度が上昇し作用が増強、過度の血圧低下
理由・原因:ジルチアゼムが本剤の肝代謝(チトクロームP-450酵素系)反応を抑制し、クリアランスを低下
7. グループ名: フェニトイン
発現事象:本剤の有効血中濃度が得られず作用が減弱、血圧上昇、狭心症発作の悪化
理由・原因:リファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピンにより誘導された肝薬物代謝酵素(チトクロームP-450)が本剤の代謝を促進し、クリアランスを上昇
8. グループ名: フルコナゾール
発現事象:本剤の血中濃度が上昇し作用が増強、浮腫、過度の血圧低下
理由・原因:トリアゾール系抗真菌剤が本剤の肝代謝(チトクロームP-450酵素系)反応を抑制し、クリアランスを低下
9. グループ名: プラゾシン塩酸塩
発現事象:相互に血圧低下作用を増強、過度の血圧低下
理由・原因:薬理学的な相加・相乗作用
10. グループ名: プロプラノロール塩酸塩
発現事象:相互に作用を増強、心不全、過度の血圧低下
理由・原因:薬理学的な相加・相乗作用
11. グループ名: β遮断剤
発現事象:相互に作用を増強、心不全、過度の血圧低下
理由・原因:薬理学的な相加・相乗作用
12. グループ名: メチルドパ水和物
発現事象:相互に血圧低下作用を増強、過度の血圧低下
理由・原因:薬理学的な相加・相乗作用
13. グループ名: レセルピン
発現事象:相互に血圧低下作用を増強、過度の血圧低下
理由・原因:薬理学的な相加・相乗作用
14. グループ名: イトラコナゾール
発現事象:本剤の血中濃度が上昇し作用が増強、浮腫、過度の血圧低下
理由・原因:トリアゾール系抗真菌剤が本剤の肝代謝(チトクロームP-450酵素系)反応を抑制し、クリアランスを低下
15. グループ名: シサプリド
発現事象:本剤の血中濃度が上昇
16. グループ名: タクロリムス
発現事象:血中濃度が上昇、腎機能障害
理由・原因:本剤がタクロリムスの肝代謝(チトクロームP-450酵素系)反応を抑制し、クリアランスを低下 17. グループ名: グレープフルーツジュース
発現事象:本剤の血中濃度が上昇し作用が増強、過度の血圧低下
理由・原因:グレープフルーツジュースに含まれる成分が本剤の肝代謝(チトクロームP-450酵素系)反応を抑制し、クリアランスを低下
18. グループ名: HIVプロテアーゼ阻害剤
発現事象:本剤のAUCが上昇、過度の血圧低下
理由・原因:本剤とこれらの薬剤の肝代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、競合的に拮抗し、本剤の代謝が阻害
19. グループ名: サキナビル
発現事象:本剤のAUCが上昇、過度の血圧低下
理由・原因:本剤とこれらの薬剤の肝代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、競合的に拮抗し、本剤の代謝が阻害
20. グループ名: アテノロール
発現事象:相互に作用を増強、心不全、過度の血圧低下
理由・原因:薬理学的な相加・相乗作用
21. グループ名: リトナビル
発現事象:本剤のAUCが上昇、過度の血圧低下
理由・原因:本剤とこれらの薬剤の肝代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、競合的に拮抗し、本剤の代謝が阻害
22. グループ名: アセブトロール塩酸塩
発現事象:相互に作用を増強、心不全、過度の血圧低下
理由・原因:薬理学的な相加・相乗作用
23. グループ名: リファンピシン
発現事象:本剤の有効血中濃度が得られず作用が減弱、血圧上昇、狭心症発作の悪化
理由・原因:リファンピシン、フェニトイン、カルバマゼピンにより誘導された肝薬物代謝酵素(チトクロームP-450)が本剤の代謝を促進し、クリアランスを上昇
24. グループ名: トリアゾール系抗真菌剤
発現事象:本剤の血中濃度が上昇し作用が増強、浮腫、過度の血圧低下
理由・原因:トリアゾール系抗真菌剤が本剤の肝代謝(チトクロームP-450酵素系)反応を抑制し、クリアランスを低下
25. グループ名: キヌプリスチン・ダルホプリスチン
発現事象:本剤の血中濃度が上昇し作用が増強、過度の血圧低下
理由・原因:キヌプリスチン・ダルホプリスチンが、CYP3A4を阻害し、本剤のクリアランスを低下

Exp. 09/2020

---------------------------------------------------------------
 详细处方信息以本药内容附件PDF文件(201892718332929.pdf)的“原文Priscribing Information”为准
---------------------------------------------------------------

更新日期: 2018-09-27
附件:
201892718332929.pdf    





 
调控比例: 100%
订购表单下载
Copyrights © 2010,2011,2012 www.ShiJieBiaoPin.com, Inc., All rights Reserved www.ShiJieBiaoPin.com, Inc.
客服工作时间:太平洋时间18:00-24:00
国际免费电话:
友情提示:以上电话为免费电话,无需您承担任何费用,世界标品提供中文客服,请您放心拨打!
电子邮箱:info.shijiebiaopin.com@gmail.com, info@shijiebiaopin.com